Home>オール電化とガス

オール電化とガス

 

今現在の住宅をオール電化住宅に変えるというのは具体的にどういうことなのでしょうか。

それは、調理や給湯、暖房などガスを使っていた機器をすべて電気からの供給に切り替えるということです。

 

そこでいちばん注意すべきは、本当にオール電化に切り替えるのか、ガスは今後絶対に不要かということでしょう。

なぜかというと、ガスからオール電化へリフォームした場合、再びガスへ戻すことは不可能ですので、一度オール電化に切り替えた場合は、永久的にオール電化となるためです。

 

またオール電化のデメリットとして、停電時には全てのものが使えなくなって困るのでは?と思う人も多いでしょう。

しかし実際ところ、ガス製品も電気を使って動いているため、停電時は使えません。

よって停電時の想定は、ガスかオール電化で迷う際の問題点にはならないでしょう。

 

オール電化への切り替えが消費者の間で進みつつありますが、ガス会社も“エコ”な商品、便利な商品を製造し販売しているようですから調べてみるのもいいでしょう。

例えば、暖房設備などは代表的です。

昔からよく使われている暖房器具といえば石油や灯油ですが、これらは経済的にも負担は大きいですし、“エコ”という観点からも空気を汚すものとして知られています。

暖房設備をオール電化にするとしたら床暖房となりますが、こちらも初期費用が高かったり、工事が大々的になったりと、実現には難しいこともあるようです。

 

その場合に便利なのが、ガスによる暖房設備です。

オール電化ほど“エコ”の期待は出来ませんが、初期費用もさほど高額ではありませんし、毎月の光熱費もさほどかからないので節約になります。

 

自宅をガスからオール電化に切り替えた場合、ガスへ再び戻すことは出来ません。

ガスと電気の利点を十分に調べて考慮し、検討したうえでのリフォームがよいでしょう。

レンサバ