Home>オール電化の暖房

オール電化の暖房

 

床暖房は人気の設備で、オール電化の1つです。

 

従来の日本の暖房方法と言えば、ガス、灯油石油で、一箇所を起点に寒い室内を暖めるというものでした。

当然のごとく、暖房器具の前では暑く、遠い場所では暖房器具がついていないかのように寒いのですが、これは温かい空気が循環しづらい構図であるためです。

こうした状況から、日本の冬は寒い、というイメージが強いのかもしれませんね。

 

たとえば韓国では、すでに床暖房は一般的な暖房方法です。

韓国に比べれば、日本の住宅はまだ床暖房が一般的ではありませんが、最近ではオール電化に伴い、床暖房を設置する住宅も増えてきているのが現状です。

新築マンションや、オール電化マンションといったものもありますから、そちらでは最初から標準設備として床暖房がついているようですよ。

 

床暖房の仕組みについて、お話しましょう。

床暖房は、当然ながら床において暖房をおこなわれています。

暖かい空気は上へ上昇し、冷たい空気は下に押し戻されて温まり上へ上昇し、というように空気が循環するために、床暖房では天井から床まで比較的均一に暖まり、また室温も保つことが出来るというわけです。

部屋全体の温度が均一というのは、どこにいても寒さを感じにくいということで活動的なるという利点もあるようですよ。

また、足元から温まるために全身が温まり、ひいては高くない温度設定でも快適と感じることができるようです。

 

床暖房にも種類があり、経済的という意味で人気なのは、エコキュートにも使われているヒートポンプ温水式というものです。

メンテナンスが必要だったり、設置の際に配管作業が必要で手間がかかるそうです。

 

一方、電熱線を床下に配線する床暖房の方法もあり、こちらはメンテナンスが不要で部分的に暖房できますが、経済的には、ヒートポンプ温水式よりも高いようです。

債務整理